HOME What's New ティージュの紅茶 ギフト 雑貨 ティーセミナー 茶話茶輪
SEASON TEA
'20 First Flush
ショッピングサイトへ
代理店の皆様へ
お問い合わせ
サイトマップ
会社概要
スタッフブログ

 

 
 
   
 
2020年 ファーストフラッシュレポート
 

 平素は格別のお取引いただき誠にありがとうございます。
 2020年ファーストフラッシュについて下記の通りご案内申し上げます。
冬の間は雨が良く降り、地面には十分な湿気があり、茶畑は気温の上昇を待っていました。
約15年振りにダージリンはシーズンの初めに良い天候に恵まれ、良質な茶葉の収穫を期待していました。一部の茶園は3月に入るとファーストフラッシュの生産を開始しました。アッサム州でも、冬の数か月間に降雨が広がるなど、気象条件は非常に良好でした。土壌は良質な茶葉の収穫に十分な水分を蓄えています。そんな時期、新型コロナウイルスの影響を受けインド政府は3月24日からロックダウンを発表し、結局5月31日まで継続されました。ファーストフラッシュにとって最適な時期に収穫が出来ないという最悪の状況になりました。しかしながら、ニルギリは3月31日、北インドでは4月14日から茶園での作業が再開されましたが、葉が大きくなりすぎたため、品質はダージリンの殆どの茶園で期待出来ない状態でした。一方で、アッサムも同様な状態でした。結局ダージリンのファーストフラッシュは、ロックダウン前に作られた紅茶がプレミアム価格で取引されました。

 ティージュではサングマDJ-2とグムティーDJ-6の2ロットを買い付けることが出来ました。ただ、インド国内の流通が長期間ストップしていた上に飛行機の便数も限られていたことから日本への到着が大幅に遅れて、この時期の発売になってしまいました。
 取引価格は高騰しましたが、ティージュではいつもと変わらぬ価格で販売させて頂きます。
7月3日(金)より発送開始となります。

   
代表取締役 森 國安  
 
 
シーズンティーとは?  
 
     
 
 
 
ファーストフラッシュおいしい入れ方
 

・グムティー DJ-6 FTGFOP-1
ダージリンの南東、クルセオン・サウスの1400m付近に位置する、創業1864年の名門茶園です。中国種の古い茶樹を多く有し、標高900m~1800mの山の斜面に植えられています。
伝統的な製造方法を守りながら新しい製法を取り入れ、品質向上に日々努力を重ねている茶園です。オレンジ色の水色の紅茶液は、青々とした渋みがしっかりと爽やかに、夏のアイスティーにもぴったりの清涼感の味わえる紅茶です。

 

・サングマ DJ-2 SFTGFOP-1
ダージリンの南西ロンボンバレーの南と南西の斜面に位置する創業1863年の歴史ある茶園です。2007年からバイオ・オーガニック農法を採用し、茶畑から製茶工場まで管理の行き届いた環境で高品質の紅茶を生産しています。ファーストフラッシュらしい透明感のある淡いオレンジ色の紅茶液はイメージ通りの爽やかな渋みと、奥行きのある味わいを感じられる紅茶です。

 
購入
 
 

・シロニバリ C-5 BPS
1836年にアッサムのラキンプール地区に設立された歴史のある茶園です。降雨量の多い熱帯性の気候にあった品種の茶樹を使用し高品質の紅茶を生産しています。何年にもわたり数多くの賞を受賞し、品質管理の行き届いた茶園として高く評価されています。
今回の茶葉は、アッサムのまろやかさの中に青い若葉の香りが味わえるファーストフラッシュならではの紅茶です。

 
購入